キツネの嫁入りマドナシのブログ「まずいラーメン屋は滅びてしまえ」

キツネの嫁入りというバンドを主催する、京都にたまたま住んでいるマドナシという人間の日記と、レビューと。

MENU

適当過ぎる映画レビュー「サベージ・キラー 」2点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

サベージ・キラー(2013)

点数:2
チェーン店の分量失敗したラーメンレベル

f:id:madonasi:20181118160635j:plain

 


『サベージ・キラー』映画オリジナル予告編

 

結婚式を目前に、自動車に乗ってニューメキシコの砂漠を一人で旅していたゾーイ(アマンダ・エイドリアン)。その途中で彼女は、ギャングたちが少年をなぶり殺しにしようとする現場に出くわしてしまう。少年を助けようとするゾーイだったが、ギャングに連れ去られて、激しい暴行を受けた果てに生き埋めにされてしまう。夜が明け、ひん死の状態であった彼女は奇跡的に命を取り留める。激しい復讐(ふくしゅう)心に駆られた彼女は、ギャングたちを一人ずつ血祭りに上げていくが……。


見所:いやいや、ただ悲しい映画やがやな

 とりあえず、聾唖の女性が、結婚式目前にひでー目にあったあげく生き埋めにされ、インディアンのなんとかかんとかで復活。超人的な身体能力を兼ね備えて、悪者たちをバッタバッタと痛快に倒していく、、、わけでは、なく。けっこう苦労して倒すよね。

f:id:madonasi:20181118161226j:plain

ゾンビ化前

 

f:id:madonasi:20181118161241j:plain

ゾンビ後

んで、自分はってと、ゾンビ的な復活の仕方してるので、手見てみたら、骨見えてて、「がびーん、わたし、もう死んでるやーん」みたいなシチュエーションがあったり。悲しい限り。フィアンセ助けにくるけど、すぐやられるし。ギャングを血祭にして、彼女も復活、めでたしめでたし、なら、痛快スプラッター映画的なんけど、全然ハッピーなっとらんし。あぁかわいそう。そして、主演のアマンダさん、異様にかわいくて尚かわいそう。切ない映画です。

 

 後味悪いとまではいかんが、もやもや残るよね、まぁ、それに比べたら、毎日めんどくさい仕事いけるうちがハッピーか。とか、日常を前向きに過ごしたい人向け

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「高慢と偏見とゾンビ」3点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

高慢と偏見とゾンビ (2016)

点数:3
3点 値段相応やしまぁええかてラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20181115224130j:plain

 


「高慢と偏見とゾンビ」予告編

 

18世紀のイギリスで、謎のウイルスが原因で大量のゾンビが出現し、人々を襲撃するという事件が発生。田舎で生活しているベネット家の、エリザベス(リリー・ジェームズ)ら5人姉妹はカンフーを駆使してゾンビと戦う毎日を過ごしていた。ある日、エリザベスは大富豪の騎士であるダーシー(サム・ライリー)に出会うも、高慢な振る舞いに嫌気が差す。やがて、二人は共に戦うことになるが……。


見所:おねーちゃんかわいい

前情報なしに、ぼーっと所轄90年代以降感あるゾンビ映画なのねって見てたら、「高慢と偏見」ってイギリスの恋愛話が原作であるのね。そういや、その辺も珍しく主題にあったような、、、アクションもBGMもカット割りもあんまし飽きへんしよーできてます。ゾンビが蔓延しているのが前提という、この辺の時代に多々作られたであろう映画の一つ感。とりあえず、あんまし知らんがおねーちゃんかわいい。悪者っぽいものは悪者っぽく堕ちていく。まだまだ続くぜ感の終わり方が、B級感あるけど。ゾンビ映画って終わり方適当でええからええよね。際限なく続けようと思ったら続けれる的な。

f:id:madonasi:20181115224856j:plain

 

とりあえず、あんましストレスもなく、おねーちゃんかわいいなと思っているうちに終わってしまった感あるが、もっかいみようとは、思わないし、何がしたかったんかもよくわからない謎の映画。

  

ある程度のクオリティをクリアして、あんましストレスなく映画を楽しみたい。が、お茶の間的なカス映画は見る気分ちゃうし、ちょっとエッジ効いた設定の映画みたいよね。的人向け

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「MEGALODON ザ・メガロドン」1点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

MEGALODONメガロドン(2018)

点数:1
失敗したカップラーメンレベル

 

 

f:id:madonasi:20181114105853j:plain

 


ザ・メガロドン

超巨大古代ザメに人類が戦いを挑むパニックアクション。アメリカ海軍駆逐艦がハワイ沖を哨戒中、沈没したロシアの潜水艦を発見する。潜水艇で生存者の救出に向かったリンチ中佐は、海底で巨大なサメと遭遇し、潜水艇ごと飲み込まれてしまう。


見所:サメほとんど出てこねぇ

ひどい映画とかB級ホラーとか普段、口癖のように言っているが、本当にひどい映画というのは、その事実を当人達が理解していない、もしくは理解していないように感じる映画を指すのかもしれない。そう、人はなんでも気が付いてからがスタート地点だから、、と、脱線しましたが。この映画

マジでカスです。

 とりあえず、サメはほとんど出てきません。アメリカ兵と助けたはずのロシアとの罵りあい、そして、やたらに海軍内の規律(出会う度「大佐に敬礼!」)や、命令プロセスの重要性(研修用なのか?)をフロントに出しつつ。女子中佐の成長を見守るハゲの艦長。そして、これ以上とないぐらい緊迫感と迫力の無いアクションシーン、あぁ俺でも倒せそう!素人目にもわかるぐらい銃撃つ時はもっと脇しめろや!とか突っ込みそうになるストレスに耐えながら、気がつけば、あれ、サメどこ行ったよ。。。なにかしかのきっかけで、サメがUターンするシーンがあるんけど、それ使いまわししすぎですから!んで、大仰なストリングスよろしくなBGM、ああ重たい。極めつけはラスト、艦長が自分一人残ってサメと心中するぜのシーンで艦内放送の演説。何やら、めっちゃええこといって、「貴様ら海軍としての誇りを忘れるなよ、俺たちに敗北の二文字はあらへんのや!」的〆で全員感涙。。って一ミリも感情移入できへんがな!ラストはハリウッド超大作よろしく、大将が、たばこをサメに押し付けて「アディオス」で、自爆、って死ぬほどダサいから!勘違いせんといて!

それにしても、ジェイソンステイサム主演のメガロドンを主とした大作「MEG ザ・モンスター」が公開された2018年にこの映画ぶつけてくるあたりさすがアサイラムや、、リスペクトしかねえよ。それにしても大将役のマイケル・マドセンってレザボアドッグスとかに出てくる著名な人やったと思うねんけどなぜ出てはるんかな、弱みでも握られているんだろうか

 

カス映画の概念を再認識したい人向け

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「LUCY/ルーシー」5点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

LUCY/ルーシー(2014)

点数:5
うますぎて店長に声かけてまうラーメンのレベルのレベル

f:id:madonasi:20181113110606j:plain


映画『LUCY/ルーシー』予告編

 

マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が漏れたことで彼女の脳機能は驚異的に覚醒。脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中さまざまな能力が超人的に目覚める一方、少しずつ人間性が喪失し、自らを制御できなくなっていく。


見所:やたらおもろい

スカーレットヨハンソンといえば、個人的にはエイリアン系なB級ホラーに出てくるべっぴんさんという印象だったが、アベンジャーズあたりからすっかりメジャー感。とりあえず、「弱弱しさを持った、何かを超越した」イメージに合致する人という感想。序盤は、「ひー助けてー!」という感じが覚醒した後とのギャップが半端ない。覚醒する時の映像もリュックベッソンならではな、視覚効果素敵感。彼女の頭ん中と、現実の並走するテンションも素敵。スピードが加速してく空気が、妙に自分の想像だにつく範疇で、そこがある種「想像の共感」とでもいおうか、を想起できてみていて気持ちいい。

f:id:madonasi:20181113111050j:plain

 「てめえら、皆殺しぜよ」感のショット

 

キャストも、適切だった気がする。教授にモーガンフリーマン。違和感なく見れる配役ってそもそも大事よね。原作も何もないのに違和感ってなんやねんという事だが。ストーリー、キャラクターとのマッチだろう、という事にしておく。脳みその使っていないところをフルで使ったら、、という、ある種、大友さんの「AKIRA」の終盤感もあったが、白地の背景になる演出も個人的に好き。終わり方は、賛否あるかもやけど、これ映画館で観たかったなという具合。

 

週末、爽快に映画でもみよかしら、SFぽかったらなおいいよね、ついでに主演かわいかったらなおいいよね、って人向け

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「スタング 人喰い巨大蜂の襲来 」2点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

スタング 人喰い巨大蜂の襲来(2015)

点数:2
チェーン店の分量失敗したラーメンレベル

f:id:madonasi:20181106193211j:plain

 


『スタング 人喰い巨大蜂の襲来』予告編

 

ケータリング会社で働いているポールとジュリアは郊外の屋敷で行われるパーティーの仕事を受ける。パーティー当日、準備に取り掛かっている最中、ポールは蜂よりも一回り大きな昆虫が屋敷の周りで飛び回っているのを発見するも、準備に忙しく大したこととは考えなかった。しかしパーティーが始まると、土の中からポールが見た大きな蜂が出現し、人を襲いはじめる。謎の蜂はただ人を襲うだけではなく、寄生した人体の中で内臓を喰うことでさらに巨大化し、やがては人体をぶち破り外に出てくる。パーティー参加者のほとんどが殺される中、屋敷の主人、市長と地下室へ逃げ込んだ二人は、謎の人喰い巨大蜂の正体を知ることになる--


見所:蜂でかい

 

でかい蜂に、ええ感じにひどい殺され方を皆さんされます。なんとなく主人公が頑張って倒して脱出。助かった~ぶっちゅー、あれ、あの大群って、、、的に王道のB級的終わり方をする。最高やないか。なんとなく感じの悪い登場人物がさくさく死んでいくのもスカっとする。死に方はけっこうえぐかったりします。蜂さんは割りとリアルでけっこう迫力あります。

 

、、、と、頑張ってみたが、こんぐらいしか感想が出てこない。でも、まー、よくできてた気するんよねー

 

 

そこそこ時間を無駄にして、まぁまぁB級感を楽しみたい人向け

 

 

 

 

ROTH BART BARON三船くん・岡村詩野さんとのトークとミニライブ@もしも屋を終えて

f:id:madonasi:20181105143140j:plain

 

 

イベント開催への経緯

これが、正直言って思っていたより興味深い時間であった。
発起人は、ロットバルトバロンのサポートKeyでもあり、現在マネジメントをされている西池さん、我々は巻き込まれた形(笑

12/8のレコ発に向けて何かできればというところまでは良かったが、はて、何ができるかなー、インストアであれば企画できるけど、とかとか思ってたところにあった提案が、彼らの馴染みのご飯屋さん「もしも屋」さんでの

 

・アルバム試聴
・マドナシ三船くん岡村詩野さんによるトーク
・ミニライブもあり

 

というものだった。
トーク?ミニライブ?もしも屋さんって機材あるんかしら。とかとかあったが、とりあえず了承してみた。次々と提案を出してくる西池さんとのやりとりの日々(笑
なにせ会った事もない間柄、簡単に人を信用しない私という人間性。最初、面食らったのは事実だが、彼らの目的は明確で

 

「より多くの人に自分達を知ってもらい聞いてもらいたい」

 

それだけなのであった。そしてそれをDIYで、できる限りの事をやりつくす。それだけ。いたってシンプル。そう考えると、その熱量にも合点がいった。んで、それはキツネの嫁入りリリース時の自分の行動に完全に当てはまるものなのだった。

応援してくれる人は応援してくれる。無視される時も多々ある。それでも作品への想いからモチベーションを奮い立たす。喜怒哀楽のふり幅が半端ない毎日。その感覚、よくわかる。これは応援せんとなー。

というわけでフライヤーを作り、宣伝をし、もしも屋さんには店主かなみんは知っていたが行った事なかったので事前にご飯を食べに行き、機材も確認。当日は音響のセッティングも行った。

で、当日

三船くんから何かセッションしませんか?というこの世で一番苦手なオファーをいただき、実際、何かのカバーってほとんどやってこなかった自分としては、ブルーハーツNIRVANAしかできないという有様。と伝えるとNIRVANAの「Lithium」を急遽やることに、やべえ、10年ぐらい弾いてへん。ってので必死で思い出して本番を迎えるのであった。

 

f:id:madonasi:20181105143319j:plain

 

<当日の模様>
・三船くんと西池さんによるアコギ・ピアノによるミニライブ
1 Hollow
2 HEX
3 SPEAK SILENCE

・三船くん岡村詩野さんマドナシによるトーク
 アルバムリリースにいたった経緯。その間の想い。
 
・マドナシミニライブ
1 消えない影
2 one day
3 死にたくない

・三船くん岡村詩野さんマドナシによるトーク
 アルバム全曲解説
 
・三船くんマドナシによるミニライブ
 Lithium / Nirvana featuring マドナシ

カバーは、まぁ、ぎりぎり形になったという事で。ロットさんファンが集う中、僭越ながら、あたくしも三曲ライブをさせていただく。良き夜。


イベントを終えて


本イベントは、当初をはるかに上回る有意義なもので、自分のこれまでの価値観や考え方にも影響を及ぼすものだった。お客さんがキツネの嫁入り関連の人とロットさんファンと双方ちゃんと来てくれたのも良かった。結論からいくと

 

「熱量のあるトークイベントって面白いのね」

 

というもの。

ライブはライブでまとめた方が良かったかもなーという反省もあったが、三船くんの話はただただ、面白かった。WEBメディアでは伝わらない編集のない内容だった。その場でしか伝わらない想い。内容はというと本作品にいたるまでに120曲つくったという三船くんの楽曲への想い。前作からどんな活動をしてきたか。その経緯で自問自答してきた内容。といったものとアルバム10曲それぞれのコンセプトや作り方。

同じミュージシャンという立場でも、ほー、そうなんや、って瞬間が多々あったし、ファンからしたら、説明過ぎない、「想い」の強い彼のトークは興味深くて嬉しいものだったと思う。

個人的には、彼らのサウンドや音楽への向き合いについてあまり知らなかったわけで、(というかWEBメディアなどの露出から知ろうとしなかった)単に今回の作品含め、音楽に興味があり、レコ発開催へといたったわけだが、ブラックミュージックへの畏敬のくだりや、歌詞への取り組みなど、思いのほか、共感できる部分が多々あったのが単純にうれしくもあった。もちろん詳しくは、来た人の特権という事でここには書かないが。

もうちょっと会場の方とQ&Aができたりするともっと面白かったなぁと思いつつ。いつかそういうトークとライブをあわせたイベントを開催できると面白いなと思ったわけであった。

 

f:id:madonasi:20181105143338j:plain

 

岡村詩野さんは、いつも、私について、京都の裏番、、的に面白おかしく紹介してくれるのだが、それについては残念ながら否定しておきたい(笑

そこまで影響力や力があれば、バンド結成12年、イベント50回主催、12年間継続してきても、開催当初と何も変わらず、フライヤーを手配りし、ポスターを貼りに回り、WEBメディア掲載に頭を下げ、それでも無視されるところには無視される現状ではないはずだから。常にマイノリティ。オルタナティブな存在なのは、意図してそうなのではなく、やむを得ずそうなっているに他ならない。ここの違いは非常に大きい。それでも、この夜みたいな夜があるから継続する事ができる。努力する事ができる。

そういう意味で、ROTH BART BARON、もしも屋さん、ご来場の皆さんには感謝したい。そして、本丸は、12/8のアバンギルドだ。こちらをぜひ成功させて、笑って年末を迎えたいものだ。

 

ここで、速報、
そんなROTH BART BARONの最新MVが公開されました。街の中で自然の中で歌う三船くんの姿はこの対談をへて見ると尚の事、感じるものがありますな。

 


ROTH BART BARON - HEX - (Official Music Video)

 

 

 

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「海街diary 」2点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

海街diary(2015)

点数:2
チェーン店の分量失敗したラーメンレベル

f:id:madonasi:20181105114521j:plain

 


海街diary予告篇

 

鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹すず(広瀬すず)と対面する。身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。こうして鎌倉での生活がスタートするが……。


見所:夏帆さん可愛い

f:id:madonasi:20181105114648j:plain

 

悲しさや怒りや理不尽さなんかを明確に演出しないのが本監督の傾向なのかなと、いくつか見て思うが、この映画について、そのタッチにしてしまうと、結果としてただのゆるふわプロモーション映像になってしまった。そもそもが原作は、親への愛憎や、自分の存在への疑問、はては、許されざる恋劇に、自分の親を重ねてみたりという所轄どろどろ要素満載なのだが、それをふわっとした少女漫画タッチとコメディっぽいライトなノリの中に時折放り込んでくる事でコントラストがたって深みのある作品になっている気がするのに、その「陰影」がなくなって、ふわふわしたまま終わってしまう。キャストはけっこうイメージに近い気がするが、キーマンの長女綾瀬はるかさんと四女すずさんに恋心を抱くの同級生風太くんのアンマッチさが半端ない。綾瀬さんは、「優しさ」「しっかり者」「穏やか」さが前面に出て原作のエッジ効いた感じがまるでない。顕著だったのは、冒頭の方、すずさんとの出会いのシーン、葬式の喪主挨拶の場面で大人と子供の仕事の切り分けを毅然とした態度で語るところ、映画ではふにゃ~としてて、残念でした。とか思ってたら終盤ちょっとらしさあったし演出変えたんかなぁとか。風太くんは、なんつーか俳優さんが子供っぽい方過ぎて、すずさんと不釣合い。もうちょっとトキメキ感ほしいものでした。でも、他キャストは良かった。

f:id:madonasi:20181105114637j:plain

 

次女長澤まさみさん、特に四女の夏帆さんはひたすら可愛くて、本作品で私はファンになったぞ。が、ゆえにひっかかるところにはひっかかる作品だったなぁ。と、思わず熱くなってしまうが、映画としては、あんましでした。

 

ふわふわ~にこにこ~ってのが好きな人向け