キツネの嫁入りマドナシのブログ「まずいラーメン屋は滅びてしまえ」

キツネの嫁入りというバンドを主催する、京都にたまたま住んでいるマドナシという人間の日記と、レビューと。

MENU

適当過ぎる映画レビュー「ショーン・オブ・ザ・デッド」5点

 

真面目に社会に適応できる人間ほど、いざって非常識な事態に対応できないとか、ほんまにある気もする。あまり詳しくは知らないが、この辺のゾンビ映画、それまでの「暗い」「悲しい」「絶望的」なゾンビ映画と違ったテイストの映画の走りな気もする。

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004)

点数:5
うますぎて店長に声かけてまうラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20190826002759j:plain

ジャケット


 


【ゾンビ】ショーンオブザデッド SHAUN OF THE DEAD 【ZOMBIE】

 

ロンドンの家電量販店に勤める冴えないショーンは、その無気力で煮え切らない態度ゆえにガールフレンドのリズから振られてしまう。意気消沈したショーンだが、翌日起きてみると街中にゾンビがあふれていることに気づき、母親とリズを助け出すため居候のエドと共に奮闘する。


見所:カット割り、どうしようもない奴は「今」だからどうしようもないだけ

随分大昔に見たのを見直してみたらやっぱし面白かった。主演二人のアホさ加減もげらげら笑ってられるし、ちょいちょいシリアスなシーンあるはずなのに、まあええかと思ってしまう。ついでにラブストーリーも絡みだすが、ロマンチック感は皆無。あーやられるやられるやられる、、、やっぱしやられるよね。というドリフの「志村!うしろうしろ!」的安定感も随一。何のストレスもなく見れます。

f:id:madonasi:20190826004349j:plain

(C)Images courtesy of Park Circus/Universal

※無職のアホと要領悪すぎるアホ

f:id:madonasi:20190826004431j:plain

(C)Images courtesy of Park Circus/Universal

※よく口が半開き

 

f:id:madonasi:20190826004454j:plain

(C)Images courtesy of Park Circus/Universal

※かわいいんかかわいくないんか微妙な人々

 

おや、これぞ映画ではないか!というループする映像と既視感ありまくりの映像タッチ、死んだと思ってた相棒の扱い。ゾンビになる前の嗜好や微妙な記憶の残るゾンビのため、騒動が終わった後のゾンビの扱いが妙にリアル感。これをLGBTとかに置き換えたらどうなんだろうと一瞬だけマジメな事を考えそうになったが、慌ててかき消しました。

適当な恋愛映画やいい話押しつけ系のライトな映画にうんざりしつつ、だらだら映画みたいなって人向け

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「デッドプール」2点

マーベル作品は、なんじゃそれと思いながら、なんとなく最後まで見てしまう上に、気がつけば割と楽しんでしもてますがな、俺、という魅力があるわけですが。これについては、いやいやいや、あらゆる点で大した事あらへんがな。という駄作感。

デッドプール (2016)

点数:2
チェーン店の分量失敗したラーメンレベル

 

f:id:madonasi:20190817234753j:plain

デッドプールジャケット
ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊の傭兵(ようへい)として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期ガンだと診断される。とある組織にガンを根治できると聞いたウェイドは、彼らに同行して人体実験を受ける。


映画『デッドプール』予告編


見所:色々中途半端やがな

ブラック!バイオレンス!シニカル!みたいな印象の謳い文句であったが、総じてパッとしなかった。

確かに、エグめのシーンとかなくはないが、なんつーか、アメリカの軍至上主義っぽいのが垣間見えたり、うーん、関係ない人多数、死んどるなとか気になっているうちに、後半、これぞハリウッド、ハッピーエンドみたいな展開に転がっていって、あぁうんざり。というエンディングを迎える。

 

f:id:madonasi:20190818003747j:plain

このよーわからん頑丈な兄ちゃんとかは大工の棟梁みたいでよかった

 とりあえず何が言いたいかというと、大してないんけど(ないんかい)クレイジー感出すんなら、もっと徹底して出してくれよ、ってマーベルさんじゃ、これが限界、なら、他所でやりゃええのに、いや、これマーベルさんでやるから意味あるんよね、ほな、まぁええか、みたいな、押し問答。馬の耳に念仏。暖簾に腕押し。俺は大体面推し。ラーメン食うとき、大体麺カタ、でも、初店じゃスタンダードで頼むポリシー、ポリスに用はないYO!

 

ライトに人が死んだりする物騒な映画好き向け

 

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「スノーピアサー」3点

世界終末的な映画は定期的に見たくなりますよね。ええ。なりますよね。うん、なるよね。というあたりだが、 どうしたポンジュノ!と言いたくなるラスト。

スノーピアサー (2013)

点数:3
値段相応やしまぁええかてラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20190816003844j:plain

 

地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起こされてしまった2031年の地球。生き残ったわずかな人類は1台の列車に乗り込み、深い雪に覆われた極寒の大地を行くあてもなく移動していた。車両前方で一部の富裕層が環境変化以前と変わらぬ優雅な暮らしを送る一方、後方に押し込められて奴隷のような扱いを受ける人々の怒りは爆発寸前に。そんな中、カーティス(クリス・エヴァンス)という男が立ち上がり、仲間と共に富裕層から列車を奪おうと反乱を起こす。


映画『スノーピアサー』予告編


見所:2/3ぐらいまでは見てて楽しい

そもそもが一つの列車に全人類の生き残りが乗るとか現実問題、生活汚水や食事や諸々無茶がありすぎる。

わけだが、まぁそこはそれ、頭が6つあるサメが出てくる映画とかよりは現実的と自分に言い聞かせてみるわけで、中盤のクレイジーな富裕層のおばちゃんのイラッとする感じとか感情移入満載で素敵。ちなみにこのおばちゃん、ティルダ・スウィントンさんって、ザ・ビーチとか著名な作品にも多数出てる方、こんな役するんねと。後で知って衝撃。

f:id:madonasi:20190816004357j:plain

誰かと思った

とか、全体覆う絶望的なテイストとかめっちゃいいのに、富裕層への逆襲を始めた終盤あたりから、なんつーか力技。いやいや、とツッコミどころが至る所から噴出。気分が削がれてくるあたりで、列車前方に近づくにつれて発覚する富裕層のライフが、これまた、非現実感を煽る。 

f:id:madonasi:20190816004634j:plain

基本不衛生

f:id:madonasi:20190816004726j:plain

こういう感じはいいと思いますんや

あまりよく知らずに見たんが、原作ありきなのね。んで微妙やったかな。ポンジュノ監督は、なんか自分の作品に同じ役者さんよく出すみたいで、グエムルのおっちゃんとか出てきて、ファン的に「あっ」となるシーンとかは素敵だっただけに、

めっちゃ雑やん

って、終わり方はもちょっと頑張って欲しかった。朝から出汁とって、ええラーメン出してたのに、閉店1時間でスープ終盤、出汁出尽くして、スカスカの味のラーメンになってしまった悲しい感じと似ている。

が、総じてなんとなくは見れる映画ではあるんですけど。

 

彼女と3回目のデートで、「俺、アジアの監督作品でもちょっとエッジ効いたやつ知ってるねん」感を出したいが為にこの映画を一緒に見たら、その後の進展に悪影響及ぼす事必至

 

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「エイリアン コヴェナント」4点

「夏といえば、海」と、同列二位ぐらいで「夏といえばエイリアン!」ということで、リドリースコットさんのエイリアン コヴェナントをやっと見る。

 

エイリアン コヴェナント (2017)

点数:5
うますぎて店長に声かけてまうラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20190813165229j:plain

宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴェナント号は、植民地の惑星に向かって宇宙を航行する。最新型アンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)が船の管理を任されていたが、途中で事故が発生。乗組員たちは必死で修復作業に取り組み……。


映画『エイリアン:コヴェナント』日本版予告編2


見所:絶望感を煽る煽るからのエンディング。とりあえず女子は強し。

エイリアン映画と知らずにみた友人からクソ映画批判を受けた「プロメテウス」の続編とかなんとか。とりあえずみんな大好きエイリアン誕生の経緯や造形が丁寧に描かれていて、改めギーガーさんの造形ってすんごいねとしみじみ

f:id:madonasi:20190813165659j:plain

いい感じにちゅるちゅるしてます

アンドロイドにフォーカス当てた感じも今的である。んで、味方のアンドロイドと惑星に残ってやらかしてるアンドロイドの顔の区別あんましつかへんの俺だけか。もちょっとわかりやすくしてくれ。全然ええけど。

f:id:madonasi:20190813165857j:plain

にとるよね、君たち

 は、ともかく、ある程度ファンとしては想定している中でも楽しめてしまう安心感とちょっと、おっとなる見慣れない造形とかだけで十二分に楽しめるのであった。

なんだかんだジョーズといいセックスピストルズといいブルーハーツといい先駆者によるところが一番コアなのは間違いない、ってちょっと違うか。

それにしてもリプリーほどでないにせよ、旦那の不慮の死を乗り越えつつ、冒頭5分で、「アンタ最後まで生き残るよね」感を全力で出してくるヒロインの強さ感はエイリアンシリーズ通してのところで、かつリドリーさんの伝えたいところなのだろうか。という月並みな感想。

 

適度にびっくりしたり安心したい、お作法通りのエイリアン好きの人向け

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる」3点

サメ映画、スプラッター、クリーチャーと、宇宙人・世界終末系の映画って定期的に見たくなるもんですよね。え、ならへん?

 

エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる (2012)

点数:3
3点 値段相応やしまぁええかてラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20190623112908j:plain

 


エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる (予告編)

 

低予算SF映画「TIME CRIMES タイム クライムス」で注目を集めたスペインの新鋭ナチョ・ビガロンドが製作・監督・脚本を務めたSFコメディ作品。マドリードに住むフリオは、ついに出会えた理想の女性と一夜を過ごした翌朝、空を埋め尽くすUFOの大群を目撃して衝撃を受ける。すでに地球は宇宙人たちに侵略されており、町中の人間が逃げ去った後だった。今ここに残っているのは自分たちを含めて四人。地球最後の日になるかもしれない一日、奇妙な関係で結ばれた四人による、もう一つの戦いが始まろうとしていた。


見所:ダラダラしとるし結局微妙な終わり方もするが、ヒロインも可愛いしまぁええか。

朝起きたら記憶全然なくてべっぴんさん家におって、的なスタートから、隣人のストーカー(攻撃的)と彼氏(良心的)との3人で巨大宇宙船が現れて人が全然おらんくなった世界をどーするよ、これ、的に過ごす映画。

とりあえず、だんだんええ感じなるヒロインと主人公の恋的やりとりが見どころな気がするのと主役の兄ちゃんが所轄イケメンというよりは味のある系で、ストーカーもなんか憎めへんし、というあたりで、どーすんのかなーとダラダラ見てたらダラダラ終わる。スペインとかの映画ってテイストが妙に新鮮で見てられる。

 

f:id:madonasi:20190623114129j:plain

なにあれ宇宙船ちゃうん!

f:id:madonasi:20190623114200j:plain

ストーカー、うん、ストーカーだよねって兄ちゃん

f:id:madonasi:20190623114231j:plain

ジャケはええ感じ、基本この3人しか出てきゃーへん

 

昼下がり、だらだらうとうとしながら見るとええかもしれん。

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「シンクロナイズドモンスター」4点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

シンクロナイズドモンスター(2016)

点数:4
誰かにすすめたくなるラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20190611012858j:plain

 

 


「シンクロナイズドモンスター」予告編

 

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!


見所:とりあえずアンハサウェイが可愛くてアンハサウェイ可愛いなと思ってたら終わる映画

マイ・インターン」や「プラダを着た悪魔」のデキるキャリアウーマン然とした立つ振る舞いとは違ったアンハサウェイ、髪の毛ずっともしゃもしゃやし。が、ひたすらにキュートな笑顔である。きゃわいいなーと思ってたら終わる映画です。とか言ってたらええ加減怒られそうだが、見どころとしては下記
・実はどろどろしたサイコな人間模様あり
・しょぼい田舎のイケメン 
・アンハサウェイ可愛い
・内容ライト

f:id:madonasi:20190611013519j:plain

準主役のおっちゃんもシンクロロボットで登場。ショボくて素敵

 

f:id:madonasi:20190611013540j:plain

何してもかわいいアンハサウェイ

 

f:id:madonasi:20190611013612j:plain


まん中が田舎のイケメン。こいつが一番どうしようもない。俺も田舎のイケメンに生まれてニューヨーク帰りのべっぴんさんに襲われてみたかった

 

とりあえず、ソウルの街に現れたモンスターとアンハサウェイがシンクロしており、そうっかり建物破壊したりしてしまって自責の念にかられたり、アル中のくだりがあったり最後の対決など、まぁまあ軽めではないストーリーだが、テイストがずっとひたすらにライトなので、だらだら見てられる。登場人物少ない。モンスター、よーできてはる。幼少期のアンハサウェイ死ぬほどにてへん。

エンターテイメントとは、こんぐらいがモノを言うのかという気がしないでもない。お涙頂戴でも感動大作でもないけど、ちょうどよく面白かった。アンハサウェイ可愛い
 

 

明日も仕事やし、はよ寝た方がええけど、なかなか寝る気になれんな、という人向け

 

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「ルーム」5点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

ルーム(2016)

点数:5
うますぎて店長に声かけてまうラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20190519013443j:plain



 


映画『ルーム』予告編

 

施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。


見所:楽しくないし、悲しいし、辛い現実が大半をしめるから、残るよね。

公開当初からずっと見たくてやっと見た。自分にとっての「世界」は大多数の人が近しい感覚と価値観にそっているものだとして、大小あるが、それでもやはり「世界」は人によってまるで違うもので形成されている。それは否定もできないし、ただの事実だ。

監禁された納屋「ルーム」で育った5歳のジャック。17歳で犯人に誘拐されて、ジャックを産んで育てたジョイ。そして、突然ジョイをうばわれた両親。破壊された人生と突然すべてがゼロからのスタートになった人生。いずれも、新たな「世界」と向き合わざるを得なくて、その現実を力強く、切なく描いた映画。 

 

・ジャック(ジェイコブ・トレンブレイの演技

サウンド

・ピントを外した映像

・ジャック目線の映像

・時折入る口パク

 

トピックスとしては、このあたり。これまでと違う「世界」を切り開こうとする5歳のジャックの演技が、あまりにリアルで心を打ちます。監禁を脱出してからが始まりという展開は、エンターテイメントの枠を超えて、ひたすらに見る側の、彼らのこれから待ち受けるだろう辛い現実と乗り越えなければならない壁を容易に想起させてしまい。その時点で、エンドはイマジネーションの始まりで、映画が終わって。自分の中で何かが始まる感覚を得る事ができる映画でした。

オーストラリアのとある事件をフューチャーしているというあたりが壮絶。

 

f:id:madonasi:20190519015731j:plain



f:id:madonasi:20190519015754j:plain

 

f:id:madonasi:20190519015808j:plain

目が印象的なブリー・ラーソンさん

 

リアルとはある種の共感で、それをエンターテイメントに求めるのを良しとして、それが仮にノンフィクションの要素も含んで受け入れられる人向け