キツネの嫁入りマドナシのブログ「まずいラーメン屋は滅びてしまえ」

キツネの嫁入りというバンドを主催する、京都にたまたま住んでいるマドナシという人間の日記と、レビューと。

MENU

適当過ぎる映画レビュー「エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる」3点

サメ映画、スプラッター、クリーチャーと、宇宙人・世界終末系の映画って定期的に見たくなるもんですよね。え、ならへん?

 

エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる (2012)

点数:3
3点 値段相応やしまぁええかてラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20190623112908j:plain

 


エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる (予告編)

 

低予算SF映画「TIME CRIMES タイム クライムス」で注目を集めたスペインの新鋭ナチョ・ビガロンドが製作・監督・脚本を務めたSFコメディ作品。マドリードに住むフリオは、ついに出会えた理想の女性と一夜を過ごした翌朝、空を埋め尽くすUFOの大群を目撃して衝撃を受ける。すでに地球は宇宙人たちに侵略されており、町中の人間が逃げ去った後だった。今ここに残っているのは自分たちを含めて四人。地球最後の日になるかもしれない一日、奇妙な関係で結ばれた四人による、もう一つの戦いが始まろうとしていた。


見所:ダラダラしとるし結局微妙な終わり方もするが、ヒロインも可愛いしまぁええか。

朝起きたら記憶全然なくてべっぴんさん家におって、的なスタートから、隣人のストーカー(攻撃的)と彼氏(良心的)との3人で巨大宇宙船が現れて人が全然おらんくなった世界をどーするよ、これ、的に過ごす映画。

とりあえず、だんだんええ感じなるヒロインと主人公の恋的やりとりが見どころな気がするのと主役の兄ちゃんが所轄イケメンというよりは味のある系で、ストーカーもなんか憎めへんし、というあたりで、どーすんのかなーとダラダラ見てたらダラダラ終わる。スペインとかの映画ってテイストが妙に新鮮で見てられる。

 

f:id:madonasi:20190623114129j:plain

なにあれ宇宙船ちゃうん!

f:id:madonasi:20190623114200j:plain

ストーカー、うん、ストーカーだよねって兄ちゃん

f:id:madonasi:20190623114231j:plain

ジャケはええ感じ、基本この3人しか出てきゃーへん

 

昼下がり、だらだらうとうとしながら見るとええかもしれん。

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「シンクロナイズドモンスター」4点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

シンクロナイズドモンスター(2016)

点数:4
誰かにすすめたくなるラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20190611012858j:plain

 

 


「シンクロナイズドモンスター」予告編

 

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!


見所:とりあえずアンハサウェイが可愛くてアンハサウェイ可愛いなと思ってたら終わる映画

マイ・インターン」や「プラダを着た悪魔」のデキるキャリアウーマン然とした立つ振る舞いとは違ったアンハサウェイ、髪の毛ずっともしゃもしゃやし。が、ひたすらにキュートな笑顔である。きゃわいいなーと思ってたら終わる映画です。とか言ってたらええ加減怒られそうだが、見どころとしては下記
・実はどろどろしたサイコな人間模様あり
・しょぼい田舎のイケメン 
・アンハサウェイ可愛い
・内容ライト

f:id:madonasi:20190611013519j:plain

準主役のおっちゃんもシンクロロボットで登場。ショボくて素敵

 

f:id:madonasi:20190611013540j:plain

何してもかわいいアンハサウェイ

 

f:id:madonasi:20190611013612j:plain


まん中が田舎のイケメン。こいつが一番どうしようもない。俺も田舎のイケメンに生まれてニューヨーク帰りのべっぴんさんに襲われてみたかった

 

とりあえず、ソウルの街に現れたモンスターとアンハサウェイがシンクロしており、そうっかり建物破壊したりしてしまって自責の念にかられたり、アル中のくだりがあったり最後の対決など、まぁまあ軽めではないストーリーだが、テイストがずっとひたすらにライトなので、だらだら見てられる。登場人物少ない。モンスター、よーできてはる。幼少期のアンハサウェイ死ぬほどにてへん。

エンターテイメントとは、こんぐらいがモノを言うのかという気がしないでもない。お涙頂戴でも感動大作でもないけど、ちょうどよく面白かった。アンハサウェイ可愛い
 

 

明日も仕事やし、はよ寝た方がええけど、なかなか寝る気になれんな、という人向け

 

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「ルーム」5点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

ルーム(2016)

点数:5
うますぎて店長に声かけてまうラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20190519013443j:plain



 


映画『ルーム』予告編

 

施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。


見所:楽しくないし、悲しいし、辛い現実が大半をしめるから、残るよね。

公開当初からずっと見たくてやっと見た。自分にとっての「世界」は大多数の人が近しい感覚と価値観にそっているものだとして、大小あるが、それでもやはり「世界」は人によってまるで違うもので形成されている。それは否定もできないし、ただの事実だ。

監禁された納屋「ルーム」で育った5歳のジャック。17歳で犯人に誘拐されて、ジャックを産んで育てたジョイ。そして、突然ジョイをうばわれた両親。破壊された人生と突然すべてがゼロからのスタートになった人生。いずれも、新たな「世界」と向き合わざるを得なくて、その現実を力強く、切なく描いた映画。 

 

・ジャック(ジェイコブ・トレンブレイの演技

サウンド

・ピントを外した映像

・ジャック目線の映像

・時折入る口パク

 

トピックスとしては、このあたり。これまでと違う「世界」を切り開こうとする5歳のジャックの演技が、あまりにリアルで心を打ちます。監禁を脱出してからが始まりという展開は、エンターテイメントの枠を超えて、ひたすらに見る側の、彼らのこれから待ち受けるだろう辛い現実と乗り越えなければならない壁を容易に想起させてしまい。その時点で、エンドはイマジネーションの始まりで、映画が終わって。自分の中で何かが始まる感覚を得る事ができる映画でした。

オーストラリアのとある事件をフューチャーしているというあたりが壮絶。

 

f:id:madonasi:20190519015731j:plain



f:id:madonasi:20190519015754j:plain

 

f:id:madonasi:20190519015808j:plain

目が印象的なブリー・ラーソンさん

 

リアルとはある種の共感で、それをエンターテイメントに求めるのを良しとして、それが仮にノンフィクションの要素も含んで受け入れられる人向け

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「ビッグ・バグズ・パニック」2点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

ビッグ・バグズ・パニック (2009)

点数:2
チェーン店の分量失敗したラーメンレベル

 

f:id:madonasi:20190501110538j:plain

ある日会社で突然気を失ったクーパーは、目覚めるやいなや巨大昆虫の奇襲攻撃に遭う。巨大昆虫に支配されてしまった世界で、クーパーは僅かな生存者たちと共に人類の生き残りを懸けた戦いを繰り広げる!


『ビッグ・バグズ・パニック』予告


見所:登場人物10人ぐらい。誰がこんなん見るねん。オレやん。

なんかわからんけど、どうしようもない映画を見たくなる時ってあるやん。ないか。ってので、久しぶりにカス映画。この実家に帰って来たような安心感、は、もちろん特にはない。

ざっくり説明すると、

 

ある朝会社に行って、勤怠ひどすぎるわ、仕事の内容ひどすぎるわで、首になった主人公、突然デカイ音に気を失って起きたら自分含めてオフィスの人が全員眉まみれに。唐突にデカイクワガタみたいなんに襲われる。頑張って倒す。(頑張ったら倒せる)

 

とりあえず首にした上司起こしてみよ。なんだって娘が外の車にいるはず?助けにいっったらかわい子ちゃん。痴漢と間違えられて催涙スプレー、なんでやねん!ゆうてるうちに上司のおばちゃん虫にさらわれる。「ママ〜!」(特に感傷にはひたらず)

 

事情を説明して、他の従業員も何人か(どういうチョイスか謎)起こして見る。起こしたら、まず白い液体全員吐く(それ大丈夫ですか)。イケメンと強面が車で強行突破しようとして案の定虫にやられる。

 

どうやら、音に敏感な虫ってことで捕まえて研究することに。そうこう行ってるうちに日が暮れる。夜中なぜかお天気お姉さんのかわい子ちゃんに襲われかける主人公。(このシーンいる?)一晩寝た後、主人公の実家にシェルターがあるってので歩いて向かうことに、

 

途中で黒人おおっちゃんの家寄ったら奥さん死亡(病死、の設定いる?)更によったお天気お姉さんの家で、半身虫の化け物に遭遇。頑張って倒す(頑張ったら倒せる)

f:id:madonasi:20190501110854j:plain

また、ここでお天気お姉さんに襲われかける主人公(そこは襲われといたらええんちゃうん)なぜか貞操を保ち翌朝、強行軍中に、お天気お姉さん発狂。虫に襲われ、ヒロインのお姉ちゃんも虫に拉致。

f:id:madonasi:20190501110921j:plain

主人公は実家で元軍人の親父に圧を受けながらもヒロイン助けに。道中、別グループ(3人)に拉致られるも、なんだかんだで脱出。爆弾もってヒロイン捕まってる虫の巣に到着。親父がいいとこ見せて、無事ヒロインも助けてめでたしめでたし

 

さて、も一人の生き残りの兄ちゃん(耳が悪い その設定謎)と、街復興しようとしてて、「あれ、あの光なんだ、オーマイガー」で、終わり

 

虫好きでライトにカス映画を見て時間をムダにしたい人向け

 

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「トレインスポッティング2」3点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

トレインスポッティング2 (2017)

点数:3
3点 値段相応やしまぁええかてラーメンのレベル

 

f:id:madonasi:20190422011630j:plain



 


映画『T2 トレインスポッティング』 予告

 

 

かつてレントンユアン・マクレガー)は、麻薬の売買でつかんだ大金を仲間たちと山分けせずに逃亡した。彼が20年ぶりに故郷スコットランドエディンバラの実家に戻ってみるとすでに母親は亡くなっており、父親だけが暮らしていた。そして悪友たちのその後が気になったレントンが、ジャンキーのスパッド(ユエン・ブレムナー)のアパートを訪ねると……。


見所:パっとしなかった。考えたら、そもそも1のトレインスポッティングも大して好きじゃなかった

underworldや、イギーポップの曲にあわせて、当時、圧巻の人気だった、「トレインスポッティング」の続編、前作から20年後のおっさんになった彼らのその後のどうしようもない人生にフォーカスをあてて、、って映画。

だらだら見ていたが、特に何の盛り上がりもなく終わってしまった。

うーん、おかしいな。けっこう話題だったのに、というあたりでしたが、考えたら、1作目も大して好きじゃなかったんであった。ヘロインでもって、ぶっとぶ映画ってあたりでは、デビットリンチのロストハイウェイや、クローネンバーグの裸のランチとかのぐっちゃぐっちゃのが好みだった私としては、なんか物足りんなという印象で、それは本作についても同様であった。

結論からいくと、彼らみたくならないようにマジメ生きましょうねみなさん、って映画と思われるが、ずっと何かが足らない感じがぬぐい切れない映画であった。

 

 

良くも悪くも「記憶に残る残らない」って作品の評価という点で大事だと思うよね

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「ライフ」5点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

ライフ(2017)

点数:5
うますぎて店長に声かけてまうラーメンのレベルのレベル

 

f:id:madonasi:20190414160950j:plain
 


映画『ライフ』予告編

 

世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。


見所:グロ少なめ、派手なCG少なめがゆえ、俳優さんの腕でもって引き込まれる素敵スリラー。

グロ少なめ。がストーリーと役者さんの熱量で臨場感が半端ない。パニック映画ありがちな、暴走するめんどくさい奴とか、政府から裏ミッション与えられた的妙な奴が出てこんあたりが妙にリアル。みんな真面目でどっちかってとミッションクリアのために自己犠牲もいとわない人たちだが、その自己犠牲が軒並み、ちょっとだけ遅い。
結果、ミッションクリアからどんどん遠のく。最終的にあらゆるミッションがうまくいかなかった時の最後のミッション、

「地球外知的生命体を地球に持ち込まない。」

に向かわざるをえないストーリー展開。エイリアンが暴走してうんぬんと言われると、新鮮さはなさそうだが、逆に新鮮。

 

・エイリアンほどほどのグロさ

・演者さん素敵

・妙な恋愛沙汰に発展しない

・グロさないけど、それ嫌やなぁってやられ方

・エンドの最高さ

 

よさ加減を列挙するとんな感じかな。

 

f:id:madonasi:20190414162223j:plain

クールな通信技師?素敵真田さん

 

f:id:madonasi:20190414162252j:plain

そりゃ冷や汗もかくよね

 

f:id:madonasi:20190414162324j:plain

例外なく彼が暴走します。
 

バッドエンド大好きな人向け

 

 

 

 

適当過ぎる映画レビュー「パシフィック・リム アップライジング」2点

音楽はどっちかってと気に入らないものが多いので「音楽」というくくりになると、広義的すぎて好きと言い切れない自分がいる。

が、映画は好きだ。

最近の悪趣味なコメディか何かよくわからないnews番組や規制と世論を気にし過ぎた結果、まるで面白くないエンタメ番組を見るよりは随分楽しい。

基本、ゾンビ・サメ映画を主食としているが、ふとCATVつけて映画やってたらなんでもいいから見てしまう

で、考えたらけっこうな数見てる気するので備忘録的に残しておこうと思った次第。適当にここに一言REVIEW。大体敬称略。大概ネタバレ気味

 

パシフィック・リム アップライジング (2018)

点数:2
チェーン店の分量失敗したラーメンレベル

 

f:id:madonasi:20190323113247j:plain

 


『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告

 

巨大兵器イェーガーを駆使する人類とKAIJUたちとの激闘から10年。今は亡き英雄ペントコストの息子でイェーガー・パイロットとしての活躍を期待されていたジェイクは、環太平洋防衛軍(PPDC)を去って違法なイェーガーのパーツ売買を行っていた。だが、戦地からイェーガーのパーツを盗んでいたアマーラと共に逮捕され、PPDCのパイロット養成施設へ送られる。そこで彼は義姉のマコ(菊地凛子)に命じられ、イェーガー・パイロットの候補生の教官を務めることになる。


見所:とりあえず全編ぺラい

ずっと考えていたのだが、役者さんたるところも理由なのだろうか。前作は、怪獣と戦う世界平和を背負ったロボットといってしまえば、それまでなのだが、とはいえ、なんとなく楽しく見れた気がするんが、今回はなんじゃろな。ずっと、ぺらいテイストが画面を埋め尽くしているうちに終わった感。

とりあえず、

 

・世界滅亡の危機感まるで伝わってこーへん。

・冒頭からこの二人生き残って最後ばんざーいよね、感が伝わりすぎ。

・怪獣雑

イェーガーが前作よりさらにダサい。

・主演のあんちゃんは映画俳優時のアイスキューブの出来損ないにみえるぞ

 

f:id:madonasi:20190323114102j:plain

絶対死なない感が半端ねえお2人

 

f:id:madonasi:20190323114116j:plain

くそださい

終盤最後の出撃前の演説も、急に感動を誘う感じがまるで感動を誘われず、いい感じにぱっとしなかった。とりあえず、実はさくさく裏で死ぬチョイ役がなんだか報われなくて可愛そうやなとかばっかり気になる作品であった。

 

ロボットと怪獣が好きな人はみたらいいと思う